1. HOME
  2. 三光寺
  3. ご案内
  4. 三光寺の縁起

三光寺の縁起

●新宮山三光寺は、高水神社七坊の一つ三蔵院跡に、妙眞法尼によって開山されました。

「高水神社」建立年等は不明ですが、言伝えでは高水村の巨石が並び立つ山頂に、清き尾を引いた光が降り立ち、毎夜火の点ずるのを見た紀州牟漏郡川谷郷の藤井主馬が、熊野三所大権現を勧請し伽藍を建立して、高水三所大権現(現 夫婦岩)と称しました。後に、御神体の両岩を「金胎大日如来として、真言宗醍醐派快照院が毎月1日と15日に入山し、さらに9月には両岩に注連縄をしめ祭式を執行とあることから、この地が修験道の修行場でもありました。

●子宝、安産、婦人病の「乳房観音」。

三蔵院境内には滝が流れていました。

文政3年(江戸時代1820年)に滝壺より金仏の観音様が出現し、そのお姿が滝の側に有る大岩に彫られ「乳房観音」と呼ばれ、子宝・安産・子育て・婦人病に霊験ありと云われてきました。

しかし江戸後期、大雨で氾濫した滝の水により三蔵院は流され、地名として名前だけが残されました。

●残った三蔵院跡に昭和の初め、妙眞法尼によって三光寺が開山されました。

今も三光寺に残るその滝には、水害を鎮めるために「不動明王」がお祀りされており、多くの方が参拝されます。乳房観音様も同じくお祀りされております。

三光寺の御本尊は、釈迦如来でその他に百余体の諸佛三十余柱の諸神が祀られ、特に白木の高水不動尊は、昔から多くの方に信仰されています。

また、滝の水を引き込んで作られた池には、弁才天が祀られ周南七福神霊場の札所となっており、毎年五月四日・五日に水の恵みに感謝する水神祭りがあり、四日に弁才天三十二香薬洗浴加持(香水加持)が厳修され五日には、柴燈大護摩供「火渡り」が厳修されます。